Racco

ウィキペディアのこととか。

少しだけNeil Peartさんのことを書く

f:id:RaccoWikipedia:20200112015038j:plain

Neil Peartは最高のロックドラマーである。「スクール・オブ・ロック」でジャック・ブラック先生がドラム担当の生徒に「Neil Peartを聞け」と言ってRushの「2112」というアルバムを渡すくらいだから間違いない😀

 

-----------------------------------

1977年ごろにTVKでやっていた京都の番組「Pops In Picture」で川村ひさしさんがRushのプロモーション・ビデオを流してくださったことがきっかけだった。


曲は「A Farewell to Kings」と「Xanadu」。

https://www.youtube.com/watch?v=eV-5iNu6Sd8

 

https://www.youtube.com/watch?v=1I2gmT3rarY

 

Rushは3人のバンドで、ベースの人が歌い、キーボードを弾き、足でも(エレクトーンの下にあるような)鍵盤を弾く。
そして、ギタリストとドラマー。


Xanadu」ではフロントの二人がダブルネックを抱えていて、ドラムはいろいろな打楽器を叩きまくっていて、見た目がたいそう大げさでびっくりした記憶がある。

 

このころのNeilさんはダリのようなヒゲを生やしていて、どことなくプリミティブなイメージがあるドラマーとは少し印象が違っていた。
そしてほとんどの曲の作詩をNeilが担当していると知った。

 

Rushの詩は難解と言われる。ラブソングはほとんどなく、初期のSFや神話などをモチーフにしたものから、現代的なもの哲学的なものなど、その時々のNeilの興味の対象がRushの詩になり、音楽性もそれにつれて変わっていっているように思えた。

 

Neilの訃報を受けて、以前、娘さんを事故で、そのすぐ後に奥さんをがんで亡くしていることを引き合いに出して(その後再婚して子供をもうけているのだけど)いる人もいて、Neilの人生を見ると輝かしい音楽的キャリアに対して、いろいろな困難があったなぁと感じてしまう。

 

2015年にRushがツアーを停止し(理由はNeilの腱鞘炎だとも言われていた)、2018年にはNeilはドラムをたたくことをやめたという他のメンバーの発言から、ゆっくりと余生を楽しむのかなとも思っていたが、実際には闘病していたという事だ。3年以上脳腫瘍と戦っていたという。

-----------------------------------

Facebookにも時々書いているNeilの言葉がある。
この言葉は、今は、また違った意味で刺さっている。

 

”敬虔なクリスチャンとして、いかに模範的な人生を歩んできたとしても、天国の門で待つのはマホメットかもしれない。何が起こっても不思議ではない。それが運命というものだ”

"You might have lived a good long life as an exemplary Christian, only to be met at the gates of heaven by Mohammed…
Anything can happen. That is called fate."

 

f:id:RaccoWikipedia:20200112015016j:plain