ウィキペディアでの「鰹節の硬さ」のこと ”ギネスブックとモース硬度”

本年もよろしくお願いします。

ツイッターでは新年早々、鰹節の硬さが話題になりました。

こちら

togetter.comとか、こちら

www.youtube.comあたりが発端なのかなと推測されます(よくわからない)。

ここで人々の興味を引いたのは、
*世界一硬い食べ物としてギネスブックに載っている

*モース硬度は7

等の情報です。

 このツイートは1万くらいの反応があったので、ここから広がっていったのかもしれません。


まず「モース硬度」について追っていきましょう。

ウィキペディア日本語版の「鰹節」には

ギネスブックと鰹節
鰹節のモース硬度は7.0~8.0とされて、世界一硬い食品としてギネスブックに載っている[18][19]。

 と、2017-04-12T23:44:35時点における版 において加筆されています。

「鰹節」の版間の差分 - Wikipedia 
実は、出典のリンクは全く関係のないURLを示しており、モース硬度についての出典を示してはいません。

どこが発端なのかを調べてくださった方がいます。

ちなみに「”鰹節” ”モース硬度”」で2011年以前を検索しても、なかなか思うようなものにはヒットしません。

 実際の書籍ではこの本に

books.google.co.jp

モース硬度のことが書かれています。2016年12月の本です。


さて、モース硬度とはざっくりいうと、物質同士を互いに傷つけあったときにどっちが硬いかを相対的に示した数値のことで、「ひっかき傷をつけたほうが勝ち」というものです。
これもざっくりなんですが、フィールドワークなどで専用の機材がない時に、採取した試料の硬さをその場で調べて同定するための目安にも使われるそうです。
相対値なので、7と8では一段階違うだけだけれど、絶対的な数値では6と7の一段階とは大きく違うかもしれないということです。
つまり、クラスの10人を背の低い順に並べたとき、5人までは150cm台で、6人目から170cm以上になっても4と5、5と6は一段階しか違わないよねってことです。


ツイッター上の

 

 

こういった流れを踏まえて、私にとっての結論から言いますと、山猫だぶさんの実験でも明らかなように7はあり得ないということになります。単純に本当に7ならば、鰹節は家庭にあるものではおいそれとは削れません。どんな鰹節を想定しているのかわからないので、何が正確かはわからないものの、鰹節削り器でもガラス片でも削れるわけですから。

といったわけで、ウィキペディア的にも出典が上記の書籍だけだと心もとないので、モース硬度についての記述は除去しました。
これは明らかに誤りであろうという記述をウィキペディアが広めてしまうということについて、少し心が痛いという気持ちからです。
もちろん、上記書籍を出典にして記述を再度する方がいるかもしれませんが。それもまたウィキペディアなので、その時はどういう記述が適切かを話し合っていくしかないでしょう。

さしあたって、モース硬度に関するウィキペディアの記述は、除去しましたということで。
「鰹節」の版間の差分 - Wikipedia


-----------------------------------------------------


次に「世界一硬い食べ物としてギネスブックに載っている」という記述です。
2007年にはYahoo知恵袋に

世界一堅い食材とは? - 鰹節です。ギネスブックにも、世界一硬い食品として登... - Yahoo!知恵袋

としてアンサーされています。
また全く時系列的には逆なのですが、2016年9月に以下の記事があり

style.nikkei.com

 かつお節は「最も硬い食材」としてギネス登録した。

との記述があります。いつ登録したかはこの記事ではわかりません。

たくさんの方のお時間をいただいて、ギネスブックそのものに記載があるかどうかの検証をしたところ、現時点で記載は見つかっていません。
また 

Home | Guinness World Records で検索しても、それらしいものは見当たりません。

そうするとウィキペディア的には、

katsuokoubou.com等のサイトでギネスブックに載っていると記載され、出典として挙げられている以上、「ギネスブックには載っていない」ということを確認できる出典がないと、この記述がいくら怪しくても除去できないという判断をするのがまずは適切かと思い、そのままにしてあります。忸怩たる思いです。えいやっと除去してもいいのかもしれませんけれども、これはいわば「悪魔の証明」にも近い話です。

より確実な出典を求めるために、ギネスブックのどこに載っているかはっきりするまでコメントアウトするなどの対応もあるかもしれません。

ギネスブックという括りではなく「世界一硬い食べ物」という記述を探してみると、2007年4月に書かれたYahoo知恵袋の

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

出典として挙げられているこのサイトに行き当たります。
つまり2007年の4月以前に書かれているということになります。

www2u.biglobe.ne.jp

このコラムの出典としての「発酵は力なり―食と人類の知恵 」
 

calil.jp


の記述を検証するという作業が残っていますが、まだ手元にはなく、猫がひざに乗ってきたので今日はここまで・・・。