5/27

5月27日
成蹊大学の図書館と鶴ヶ島ウィキペディアタウン

海獺氏が尾道市立大学にてウィキペディアタウンの講師をした時に、ふくちのち館長の鳥越さんが見に来て下さり、その帰りに慌しく尾道駅前で尾道ラーメンをかんたくんたちと一緒に食べたご縁もあって、結構前から武蔵野の図書館総合展ではまたご一緒しましょうという話になっていました。

もともとこの日(5/27)は色々な予定が重なる可能性がありまして、当初予定では鶴ヶ島ウィキペディアタウンやるぞーだったのが、いろいろな事情で開催無理かもーと砂生さんからご連絡がありました。

では、その日は一日総合展にと思っておりましたところ、『私の行動力は53万です』とばかりに砂生さんがめちゃ頑張ってなんとか調整を重ね、フィールドワーク抜きで(ランチで優雅に過ごしたあと)午後から小規模での開催が可能になりましたとのこと。そこで海獺氏はお話をするタイミングの午後3時くらいに会場につく感じで、それまでは吉祥寺の成蹊大学に出ますとお返事。

鳥越館長に、そんなわけで海獺は午後から移動して埼玉の鶴ヶ島ウィキペディアタウンに行きますと伝えたところ、勉強になるし見てみたいので鶴ヶ島に一緒に行っても良いですか?と。結構遠いので路線図を示して移動がしんどいとお伝えしたものの、やはり見たいとのことで、海獺氏はエスコートすることに。

さて、そんなこんなで当日、東京はわからないし電車もあまり乗らないという館長の今回の宿はゴジラがいるホテル。その建物の入り口まで迎えにいくことに。
いきなり!ラッコのマスコットを頂きました😆😆😆
吉祥寺までの電車移動も一度ホームを間違えた以外は完璧にこなした海獺氏。

無事に10時頃吉祥寺に着き、駅前の地図で位置関係を確認。「吉祥寺図書館」の文字を見つけた館長は是非見たいとおっしゃる。私も角っこの街路樹を見たいので同行しました。やはり館長、企画や取組、掲示物、レイアウトなどが気になるようで、海獺氏はまるで皇室所縁のかたを護衛する感じの距離でついていきましたとさ。

図書館から成蹊大学までは徒歩15分だとGoogleマップが言ってます。駅まで戻ってバスにのりますか?
館長『歩きましょう』
この日は日差しが強くてなかなか暑い。日焼けしそう。

右側に学校らしい樹木が見え、手前のローソンで飲み物を買ってスマホを見ると、Facebookによれば茂出木理子さまも、こちらに向かっているとの事。2度目の初対面で御挨拶できるかな?
(一度、東工大博物館でご一緒しているが、御挨拶出来ておらず)

鳥越館長をご存知の方も受け付けにはいらっしゃるなど、こちらはあまり顔バレはしてないものの『ウィキペディアのらっこ』としてマイナーな知名度もあるかもしれないなと思いつつも、こちらから挨拶はしづらい面もあり、館長が紹介してくださった方には御挨拶しようと決める。

成蹊大学の情報図書館前で奥山さんにお会いしました。今までFacebookでお友達申請しても『会った人とじゃないと('ω'乂)ダメー』と言われていたため、めでたく。余野さんをご紹介頂き、鳥越館長を紹介するなど。

少し遠くから、オシャレなお姉さんが受け付け棟の方へ移動しているのを確認。
|ω・`)じー
あ、あの人はっ!
『茂出木さん!』
感動の瞬間でございます。まわりに人がいなければ、ダンスでしたね。鳥越館長と茂出木館長の御挨拶はオシャレの競演でございます。

野原みあちゃん、岡本さん、小池さん、鎌倉さん、小田垣さん(初対面)にもお会いできました。

成蹊大学の情報図書館では、私はもっぱら荷物係で、上記の皆さんが中をぐるーっと回っている間、良い子で座っておりました。
その後少し茂出木さんとお話が出来て、大変ラッキー🍀

そんなこんなで、砂生さんが車で迎えに来てくれる若葉駅の約束の時間に間に合わせるにはそろそろ大学を後にしないといけない時間になりました。
受け付けでネームプレートを返却して、たまたまそこにいらした岡本さんに挨拶してからと思ったけど、相変わらずお忙しくなかなか声をかけられそうにありません。

もともと、砂生さんと私は、岡本さんを通じて知り合いになれたし、それが本日のウィキペディアタウンという形になった事への報告と感謝をメッセージして、成蹊大学を後にしました。

大学構内では、途中、どこかの業者さんが、鳥越館長からちょっと離れた位置にいる海獺氏を見て『ご結婚なされたとは知りませんでした』みたいなことを言ってて、なんだか申し訳ない、というエピソードは書いていいんでしたっけ?😳

長いので、ウィキペディアタウンについてはまた次回。